海外不動産投資のアレコレ~ガッツリ丸儲けするならThe投資!~

貯金箱

ポートフォリオの構築

いま投資家の間で注目されている海外不動産投資で年収アップを目指しませんか?こちらではより高い利益を得るための方法を紹介しています。

リスク分散

お金

投資を行う場合には資金のポートフォリオを考える必要があります。株式や債券、不動産、現預金をバランスよく保有する必要があります。不動産については国内と海外とのリスク分散のために海外不動産投資を行います。海外不動産投資を行う場合でも地域による分散投資が重要です。一か国に集中的に投資をすると経済変動の影響をまともに受ける可能性があります。海外不動産投資を先進国で実施する場合には為替以外の心配をする必要がありませんので検討する範囲が限定されますので取り組みやすくなっています。しかしながら海外不動産投資を新興国を対象に行う場合にはプロジェクトの安定性の他に為替や政治的なリスクやインフレのリスクなどリスク要因が多岐にわたります。

収益還元で考える

海外不動産投資を検討する際には収益還元の考え方を採用しなければなりません。日本の都市部の不動産は土地代と建物代では土地代に比率が大きいことケースが多くなっています。しかしながら海外の不動産は土地代より建物代の方が大きくなるケースが一般的です。こうしたケースでは収益還元の考え方で不動産投資を判断する必要があります。日本では土地神話がありましたので、土地代は上がることを前提に投資を検討してきましたので、収益還元の考えをすることがありませんでした。バブル崩壊後、日本でも土地価格は下がるということが定着してきており、不動産投資においては海外と同様に収益還元で不動産の投資判断をするようになって来ています。

人気は賃貸投資です

ビル

海外不動産投資は売買差益よりも賃貸収入を見込んだ投資が多いのが特徴です。特に、日本人単身者に向けたワンルーム物件が多く、若年層で始める方が増えています。また、利用する際には日本の事業者が利便性などが備わり、役に立ちます。

詳しくはコチラ

国内に居ながら海外の

貯金箱

海外不動産投資は国内に居ながら海外の資産を手に入れられるチャンスとなりうるものであり、資産運用の一環です。少額で多数の資産を形成できると評判ですが、多数の人に利用しやすいメリットがあるといわれています。

詳しくはコチラ

海外の物件を購入する

不動産

海外不動産投資は、経済発展途上国を中心に多くの投資家から注目を浴びています。利益を得られることもありますが、海外不動産投資にはリスクがあるのも現状です。これに関しては、損をしないために海外の経済情勢に敏感である必要があります。

詳しくはコチラ